誰もが回避出来ない死への備え

生命保険には、いわゆる満期が存在しているものと、していないものがあります。生命保険というのはその基本として、契約者が死亡した際に支払われるというシステムが存在しています。医療技術は発展したものの、死を回避する方法は現在のところ存在していません。そのため、満期が存在しない生命保険というのは、確実に保険料の支払いを行うことになります。

保険料を保険のためだけに使っている保険会社の場合、これでは採算を取ることが出来ません。必ず支払わなければならないとなると、もはや保険会社側のメリットが消失してしまいます。そのため、満期というものが設定されているというのがかつての生命保険としては一般的でした。保険利用をせずに満期を迎えた場合については返戻金が支払われる、というスタイルを取っていたのです。

しかし、この状況というのはどうしても生命保険自体の価値に矛盾していると言わざるをえないものでした。そうした中で登場したのが、満期の存在していない生命保険である終身保険です。終身保険は保険料として受け取ったお金を保険だけに回すのではなく、運用にも回すことによって資産形成を行っていき、必ず支払わなければならない保険返戻金を支払いつつ、利益を挙げることを目的としています。

資産運用で参考になる考え方

This entry was posted in 保険. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>