Monthly Archives: 12月 2014

NISAの魅力と利用する時の注意点

NISAと呼ばれる制度を聞いたことがありますか?2014年の1月からスタートした制度でこれから投資を始めようと思っている方は是非利用したい制度の一つです。 この制度は小額投資非課税制度と呼ばれ、簡単に言うと年間100万円までの投資金額(利益ではありません)を元手に得た利益額が非課税になるということです。今までの投資活動であれば、利益額に20.315%の税金が課せられていました。 例えば100万円を株式に投資し、1年後株価が二倍になって資産が200万円、利益が100万円出たと仮定しましょう。この場合、今まで出れば利益の100万円×20.315%の約20万円が税金として徴収されていました。 一方、NISAを使えばこの税金はまったくかかりません。100万円までの投資金額であれば非課税であるからです。このように節税が出来るのがNISAの魅力であると言えるでしょう。 ただ注意しておくべき点は、売買を繰り返すと非課税枠がすぐになくなってしまうということです。短期売買を繰り返すと非課税の恩恵が受けられにくくなります。その為、NISAは短期売買による投資よりも長期的な投資に向いている制度であるといえるでしょう。 以下のコンテンツもよく読まれています。 「ventry」の人気記事はこちら 新進経営者を紹介している話題のメディアです。

Posted in 株全般 | Leave a comment

投資信託はメリットとデメリットを比較する

メリットがあればデメリットもある。 これはどのような事にも言える事なのですが、投資信託に於いても同様です。 投資信託にお金を預けて運用してもらいたいと考えている人も多いかもしれません。特に投資信託のメリット面ばかりを見ていると、「投資信託は負う駆る」「お金が一気に増える」と考えてしまいがちではありますが、投資信託の示すデータはあくまでも理想値だったり理論値だったりしますので、必ずしもそのようになるとは限りません。運用が上手く行かなかった場合、当たり前ですが損失を計上する事になります。そして、元本保証が無ければ元本が減ります。 預けたお金が減る。このような事だってあるのです。その可能性もあるという事はしっかりと考慮しておかなければならない部分なのですが、メリット面ばかりが気になってしまうと、どうしうてもデメリットに目が行かなくなってしまい、それこそあまり何も考えずに投資信託を選んでしまうといった事もあるのです。 そのような事にならないためには、投資信託をと考えているのであれば、メリットだけではなく、デメリットの面までしっかりと考慮しなければならないものである事は言うまでもありません。投資信託に限らず、メリットしかないというものはそうそうないのですから。

Posted in ワーク | Leave a comment