老後不安を感じる方が増えた理由とその解決法

もはや老後の生活は公的年金だけでは物足りないという時代です。それは受給する金額だけでなく、そもそもの備えとして公的年金に頼り切った生活ができなくなったという意味です。
公的年金はもはや限界が近付いています。今ですら少子高齢化社会と言われていますが、今後は高齢者は増えて出生率も少なくなるだろうと予測されているのです。そうした中で公的年金という国の補助が継続できるかどうかはとても断言できるレベルではありません。むしろこれまで年金の支払いを円滑にさせるために、長いこと積み立てていた予算を切り崩しながら現在の高齢者に支給している状態です。この切り崩し続けた結果、このペースで進むとあと10年ほどで積み立てた予算がなくなるとまで言われています。日本人の寿命の長期化が進行している今、現役世代の間では老後不安が高まっています。

老後不安を解消させるためには公的年金に頼らない、自助努力で自分の老後の生活資金をつくるという考え方を持つことです。
最近では本業の傍ら積極的に投資信託やFX、マンション経営を行う会社員の方も増えていますが、このようにリスクを負いながらも少しでも多くの資産が残せるように取り組みをしています。

This entry was posted in 老後関係. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>