金融の魅力 http://www.mobilesportsinc.com Mon, 12 Sep 2016 15:52:18 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=3.2.1 技術者が金融業者に転職するには http://www.mobilesportsinc.com/2015/10/24/report-20151024/ http://www.mobilesportsinc.com/2015/10/24/report-20151024/#comments Fri, 23 Oct 2015 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-20-65-101.compute-1.amazonaws.com/mobilesportsinc-com/2015/10/24/report-20151024/ 金融関係の職業に就きたいと思っている人はいらっしゃいませんか?ただ、金融関係の職業というのはやはり金融についての専門知識が問われる事が多く、新卒採用でないのであれば同職からの転職というのが一般的です。実務経験がなければなかなか転職をするのが難しいという実情があります。ですが、ここでは金融については触れたことがなくとも、技術者として仕事をしている人であれば応募できる金融会社の求人について紹介します。

今回紹介するのはアブラハムウェルスマネジメントの求人情報です。アブラハムウェルスマネジメントの採用情報はこちらから確認することができます。この会社は富裕層を対象にした資産運用のアドバイスを行う会社であり、2015年に新たに創立されました。創立者である高岡壮一郎氏はアブラハム・グループ・ホールディングスの創立者である人物であり、これまでの経験を踏まえて創立を行ったという経緯があります。

アブラハム・グループ・ホールディングスはITと金融の融合をモットーとしているということもあり、この会社も例に漏れずITを使った投資システムの確立を目指しています。そのために技術者が必要とされているわけです。主にインフラ構築とセキュリティ対策のプロフェッショナルが求められています。

]]>
http://www.mobilesportsinc.com/2015/10/24/report-20151024/feed/ 0
若い方の資産運用の考え方と投資商品の選び方 http://www.mobilesportsinc.com/2015/06/07/report-20150607/ http://www.mobilesportsinc.com/2015/06/07/report-20150607/#comments Sat, 06 Jun 2015 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-20-65-101.compute-1.amazonaws.com/mobilesportsinc-com/2015/03/07/report-20150307/ 資産運用という考え方が徐々に若い方にも広まるようになりました。もちろん、資産運用は最近に始まった考え方ではありませんが、日本の景気の状態、年金問題、少子高齢化社会を考えた時に、若い方こそ将来について真剣に向き合わなければなりません。

しかし、資産運用はそれぞれの年代によって考え方が異なります。若い方、働き盛りの方、セカンドライフまで残り僅か、という方で運用方法は異なります。

若い方の場合、収入はまだ多くないでしょうが、自由にお金が使える割合も高く、比較的時間にも自由があります。このお金をすべて使うのではなく、結婚やマイホーム購入などにも目を向けて将来に備えた資産形成を意識することが大切です。若い方の最大の武器は時間です。若い方が長期的に資産形成に着手すると、複利の効果を活かして資産を増やすことも可能です。
また、投資をするにしてもリスクが少ないのが特徴です。もしも投資をして、その投資がうまくいかずに資産が目減りしてしまったとしても巻き返す時間も十分あります。資産が目減りしてもまた資産を育て直すことができるので、多少リスクが伴うにしても積極的に値上がり幅の大きい投資商品を選択することもできます。

投資商品の選択には絶対の正解というものはなく、判断が難しいものだと思います。迷って自分では決められないという方は専門家のアドバイスを求めるのが良いと思います。ファイナンシャルプランナーなどがその代表ですが、なかでも特徴的なサービスを提供している会社をご紹介します。
アブラハムグループ社長|高岡壮一郎
経営者が事業について語っているインタビュー記事です。

]]>
http://www.mobilesportsinc.com/2015/06/07/report-20150607/feed/ 0
公的年金に頼りっきりには出来ない http://www.mobilesportsinc.com/2015/05/18/report-20150518/ http://www.mobilesportsinc.com/2015/05/18/report-20150518/#comments Sun, 17 May 2015 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-20-65-101.compute-1.amazonaws.com/mobilesportsinc-com/2015/05/18/report-20150518/ 年金というとまず思い浮かぶのは国によって行なわれている公的年金ではないかと思います。国民年金、厚生年金、共済年金の三つの種類があり、それぞれ自分の職業によってどの分類になるのかが違っています。厚生年金に加入している企業に勤めている場合には厚生年金、公務員の場合には共済年金となり、それ以外の場合には国民年金ということになります。

さて、実は年金には公的年金だけではなく、個人年金というものがあります。こちらは国が行っているのではなく、企業が行っているもので、必ずしも加入しなければならないものではない任意保険ということになります。しかしながら、今後この個人年金というのはその役割を重要にしていくことが考えられます。

というのも、現状ですらすでに公的年金の役割が薄れてきているためです。人口動向などの影響から、公的年金によって受け取ることが出来る金額というのは減少傾向にあります。さらに今後人口分布が少子高齢化に傾くことによって、より一層受給を取り巻く環境というのは厳しくなっていくことが考えられます。

そういった時に自分の老後を支えることが出来る手段は、自分で用意しておかなければなりません。そんな時に重要になるのが個人年金なのです。

]]>
http://www.mobilesportsinc.com/2015/05/18/report-20150518/feed/ 0
老後不安を感じる方が増えた理由とその解決法 http://www.mobilesportsinc.com/2015/02/01/report-20150201/ http://www.mobilesportsinc.com/2015/02/01/report-20150201/#comments Sat, 31 Jan 2015 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-20-65-101.compute-1.amazonaws.com/mobilesportsinc-com/2015/02/01/report-20150201/ もはや老後の生活は公的年金だけでは物足りないという時代です。それは受給する金額だけでなく、そもそもの備えとして公的年金に頼り切った生活ができなくなったという意味です。
公的年金はもはや限界が近付いています。今ですら少子高齢化社会と言われていますが、今後は高齢者は増えて出生率も少なくなるだろうと予測されているのです。そうした中で公的年金という国の補助が継続できるかどうかはとても断言できるレベルではありません。むしろこれまで年金の支払いを円滑にさせるために、長いこと積み立てていた予算を切り崩しながら現在の高齢者に支給している状態です。この切り崩し続けた結果、このペースで進むとあと10年ほどで積み立てた予算がなくなるとまで言われています。日本人の寿命の長期化が進行している今、現役世代の間では老後不安が高まっています。

老後不安を解消させるためには公的年金に頼らない、自助努力で自分の老後の生活資金をつくるという考え方を持つことです。
最近では本業の傍ら積極的に投資信託やFX、マンション経営を行う会社員の方も増えていますが、このようにリスクを負いながらも少しでも多くの資産が残せるように取り組みをしています。

]]>
http://www.mobilesportsinc.com/2015/02/01/report-20150201/feed/ 0
上手にお金と付き合う方法 http://www.mobilesportsinc.com/2015/01/15/report-20150115/ http://www.mobilesportsinc.com/2015/01/15/report-20150115/#comments Wed, 14 Jan 2015 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-20-65-101.compute-1.amazonaws.com/mobilesportsinc-com/2015/01/15/report-20150115/ 最近、若い世代や主婦層に人気のある「投資」。その秘密は、少額から投資がスタートできる手軽さが後押ししているようです。月1000円からはじめることができる投資あるので、無理なく投資をスタートできますよね。

以前は、投資ときくと資産家やお金持ちの道楽というイメージがあったのですが、PCやスマートフォンなどネット環境が整うと、市場の情報も簡単にGETすることができるようになったことも、投資人気を盛り上げているのでしょう。

そんな身近な存在になった投資ですが、投資にはリスクがあるので注意も必要です。ですから、ローリスクの積立投資を選ぶのが得策です。積立投資は、腰をすえてじっくり取引をすることができるので、利益を出すことがしやすいでしょう。また、投資を成功させたいのであれば、どうして投資をするのかしっかりと明確にすることが大切です。例えば、ちょっと贅沢にランチや旅行したいといったことや、好きな趣味に没頭したい、老後の資金を貯めたいといったように、目的をはっきりさせることで資金も集まりやすくなります。

投資は、自分の夢を叶えるための手段のひとつとして、結果も求めやすいです。理想の生活を手に入れるためにも、投資をはじめてみてくださいね。

]]>
http://www.mobilesportsinc.com/2015/01/15/report-20150115/feed/ 0
NISAの魅力と利用する時の注意点 http://www.mobilesportsinc.com/2014/12/15/report-20141215/ http://www.mobilesportsinc.com/2014/12/15/report-20141215/#comments Sun, 14 Dec 2014 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-20-65-101.compute-1.amazonaws.com/mobilesportsinc-com/2014/12/15/report-20141215/ NISAと呼ばれる制度を聞いたことがありますか?2014年の1月からスタートした制度でこれから投資を始めようと思っている方は是非利用したい制度の一つです。

この制度は小額投資非課税制度と呼ばれ、簡単に言うと年間100万円までの投資金額(利益ではありません)を元手に得た利益額が非課税になるということです。今までの投資活動であれば、利益額に20.315%の税金が課せられていました。

例えば100万円を株式に投資し、1年後株価が二倍になって資産が200万円、利益が100万円出たと仮定しましょう。この場合、今まで出れば利益の100万円×20.315%の約20万円が税金として徴収されていました。

一方、NISAを使えばこの税金はまったくかかりません。100万円までの投資金額であれば非課税であるからです。このように節税が出来るのがNISAの魅力であると言えるでしょう。

ただ注意しておくべき点は、売買を繰り返すと非課税枠がすぐになくなってしまうということです。短期売買を繰り返すと非課税の恩恵が受けられにくくなります。その為、NISAは短期売買による投資よりも長期的な投資に向いている制度であるといえるでしょう。

以下のコンテンツもよく読まれています。
「ventry」の人気記事はこちら
新進経営者を紹介している話題のメディアです。

]]>
http://www.mobilesportsinc.com/2014/12/15/report-20141215/feed/ 0
投資信託はメリットとデメリットを比較する http://www.mobilesportsinc.com/2014/12/04/report-20141204/ http://www.mobilesportsinc.com/2014/12/04/report-20141204/#comments Wed, 03 Dec 2014 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-20-65-101.compute-1.amazonaws.com/mobilesportsinc-com/2014/12/04/report-20141204/ メリットがあればデメリットもある。

これはどのような事にも言える事なのですが、投資信託に於いても同様です。

投資信託にお金を預けて運用してもらいたいと考えている人も多いかもしれません。特に投資信託のメリット面ばかりを見ていると、「投資信託は負う駆る」「お金が一気に増える」と考えてしまいがちではありますが、投資信託の示すデータはあくまでも理想値だったり理論値だったりしますので、必ずしもそのようになるとは限りません。運用が上手く行かなかった場合、当たり前ですが損失を計上する事になります。そして、元本保証が無ければ元本が減ります。

預けたお金が減る。このような事だってあるのです。その可能性もあるという事はしっかりと考慮しておかなければならない部分なのですが、メリット面ばかりが気になってしまうと、どうしうてもデメリットに目が行かなくなってしまい、それこそあまり何も考えずに投資信託を選んでしまうといった事もあるのです。

そのような事にならないためには、投資信託をと考えているのであれば、メリットだけではなく、デメリットの面までしっかりと考慮しなければならないものである事は言うまでもありません。投資信託に限らず、メリットしかないというものはそうそうないのですから。

]]>
http://www.mobilesportsinc.com/2014/12/04/report-20141204/feed/ 0
変額年金の定義とは? http://www.mobilesportsinc.com/2014/11/13/report-20141113/ http://www.mobilesportsinc.com/2014/11/13/report-20141113/#comments Wed, 12 Nov 2014 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-20-65-101.compute-1.amazonaws.com/mobilesportsinc-com/2014/11/13/report-20141113/ 年金にもいろいろな種類があるのは今更説明するまでもない事ですが、変額年金とはどのようなものなのか。変額年金というのは、簡単に言えば「もらえる額が変わる年金」という事になります。

「公的年金もだろ」との厳しいお言葉もあるかもしれませんが、公的年金の受給額が変動しているのはやむにやまれずのものであって、決して変えたくて変えているものではないのです。その点変額年金は預かった年金資産を運用する事で、配布する年金の額そのものが変わってくるという事なのです。そのため、大きな可能性を秘めているとも言えるのですが、運用次第でもありますので、そこまで大きな夢を持てるものではないとする声もあります。

確かにこれに関しては様々な意見があります。夢を見れるとする声もあれば、どこの誰が運用しているのか解らない以上、簡単に信用する事は出来ないとする声があるのも事実です。いろいろな形が考えられるものですので、そこまで大きな違いが出てくるのではないかとの声や、あるいは変額年金こそ公的年金よりも可能性がある分、これからの時代の年金の主役になるのでは無いかとの声もありますが、結局はどのように考えるか次第という事になってくるのでしょう。

おすすめコンテンツをpick up!
東商 社長ネット
アブラハム・ウェルスマネジメントの事業開始で脚光を浴びている企業家の紹介コンテンツです。

]]>
http://www.mobilesportsinc.com/2014/11/13/report-20141113/feed/ 0
株式投資は事前の情報収集をすることが大切 http://www.mobilesportsinc.com/2014/11/01/report-20141101/ http://www.mobilesportsinc.com/2014/11/01/report-20141101/#comments Fri, 31 Oct 2014 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-20-65-101.compute-1.amazonaws.com/mobilesportsinc-com/2014/11/01/report-20141101/ 株式投資は何といっても銘柄選びが成功と失敗を分けます。銘柄選びは色々な基準を持って見極めるのがポイントです。
ただし、共通しているポイントは「将来を見据えた時に成長が見込めるかどうか」、が大切です。
株価は主にその企業の業績に応じて決まる部分があり、将来業績が下がったり、信用を失ったり、期待のできない企業は値上がりすることはまずありませんので、自分が投資したいと思う企業のことを事前に知ることが大切です。

それを踏まえた上で抑えておきたいのが、業界内の立ち位置です。業界の中でもトップクラスにいる企業は大体倒産しにくい傾向にあります。企業が倒産すると株価は0円になりますから、資産を失うことになってしまいます。そのリスクをおさえる為に業界内でも上位にある企業に投資をすることです。

また、利益率も参考になります。利益率の高い企業は傾向として自社のブランディングができており、少々高くてもその企業が販売する商品を買いたいというニーズが高いですから、利益率の高い企業は長期に渡って安定した企業活動をしていることも多いです。

このように株式投資を成功させる為には、長期的に安定した業績を残せそうな企業を選ぶと良いです。

]]>
http://www.mobilesportsinc.com/2014/11/01/report-20141101/feed/ 0
お金は生活するための必需品 http://www.mobilesportsinc.com/2014/10/27/report-20141027/ http://www.mobilesportsinc.com/2014/10/27/report-20141027/#comments Sun, 26 Oct 2014 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-20-65-101.compute-1.amazonaws.com/mobilesportsinc-com/2014/10/27/report-20141027/ 全ての見栄を捨て、お金にこだわらない人生を送ることができたら、どれだけ幸せでしょうか。周りとの調和をとりながら、自分を解放することで、自己実現の可能性が広がりますよね。

では、何故お金ができたのでしょうか?人類が智恵を持ち始めたころは、モノを交換して生活を営んできたと言われています。しかし、同行の価値のものを交換するというのは、意外と複雑でした。例えば、今まで、みかん3個と魚3匹とを交換してきたとしましょう。しかし、ある年の果物が豊作で、魚が不作となるとこれまでの取引では、不平等となりますよね。ですから、みかん20個と魚1匹という取引が成立するかもしれません。

これでは、効率も悪く争いごともたえないということから、平等の価値のあるお金で取引をするようになったのです。こうすることで、取引を効率よくすることができますよね。それから、何世紀もたち今の時代、お金を取り巻く環境はさらに複雑になっています。このお金の流れをしっかりと理解するということは、自分自身の資産形成にもつながります。資産形成のプランをたることは、人生戦略にもつながります。理想の資産形成で、楽しい豊かな生活をおくりたいものですね。

金融についてもっと深く学びたい方はこちらをチェック!
http://newspicks.com/
経済情報に特化したニュース共有サービスです。

]]>
http://www.mobilesportsinc.com/2014/10/27/report-20141027/feed/ 0